当前位置 首页 日韩剧 《拭去泪水》

拭去泪水1.0

类型:剧情 日本剧 日本  日本  2000 

主演:江口洋介 二宫和也 内田有纪 上户彩 いかりや長介 トータス松本 神木 

导演:永山耕三 中江功 平井秀樹 

剧情简介

《拭去泪水》 - 拭去泪水歌曲このドラマの主人公は、30過ぎの体育会的精神を持った独身男。その男が「ひとの良さ」から、不慮の事故で亡くなった尊敬する先輩の子ども達を引き取り、下町のとある工務店を舞台に愛と根性で育て上げる波乱万丈の物語。

求《匹诺曹》roy kim 唱的,中文歌词

Roy Kim - 匹诺曹今天 你又笑了我在远方跟着你一起笑了就好像 也许会有一次你会看着我笑一样伴着清风你的香气掠过我的鼻尖环绕我左右噢 看着你的眼光 我心澎湃往后总有一天会成为记忆的我的爱情我珍爱的你今天 你哭了我在身后 跟着你一起哭了就好像 也许会有一次我为你擦干布满双眼的泪水一样夜晚的风 如此冰冷来我这里 我会抱着你来我身边噢 看着你的眼光 我心澎湃往后总有一天会成为记忆的我的爱情 我珍爱的人你是我唯一的命运我们迟早 会有在一起的日子唯有你



日语文章片段翻译

桃の花の匂いがした。「あ」 懐かしい匂いを嗅いだ。 Aの车に同乗して帝の下へと伺候する途中だった。「どうした、B」 きょろきょろと辺りを见回しながら「いえ、まあ」などと生返事を返す。「司空、停めていただけませんか」 塀の向こうに见える淡红色。こぼれるように咲きほころんだ桃の花だった。 Cたちを思い浮かべ、くすぐったいような照れ臭いような思いに自然と笑みが浮かぶ。「今年初めて见た桃の花です。私の……、私とCたちの契りの花です」 ついぞ见かけないBのはにかんだような柔らかな表情に见惚れていたAは、思わず口走っていた。「【地名】に见事な桃园があってな、近々酒席を设けようと思うのだが。……おぬしのCたちにも伝えておくといい」 頬を伝う涙に目を覚ました。 渗む视界に映るあの日と変わらぬ淡红色の花。 そうだ。桃の花を见ると机嫌が良いのだな、と何かにつけては桃の花を持ち出され、耻ずかしい思いをしたのはあの时からだった。 どうして梦に见るのはこんな穏やかな日々ばかりなのか。戦に明け暮れた日々よりも鲜明に苏るのは。 涙を拭う、乾いた枯木のような自分の手を见て、その掌からこぼれていったものを思う。 得たものは多く、失ったものはそれ以上に多かった。 満ち足りる、ということを知らなかった。ただひたすら贪欲に、生きた。「花を爱でるなどということから、ほど远い生き方をしたものだな」 呟いた言叶に、思わぬ声が返ってきた。「后悔しておいでですか」「来ていたのか、C。 ……いや、こんな生き方しか出来ぬだろうよ、私は」「陛下」「昔のように呼んでくれ。おまえと二人の时ぐらいはそう呼ばれたい」「……我が君。そろそろ中へ戻りましょう。风が出て参りました」 Cは、失礼致します、とBの体を抱き上げ、部屋へ戻っていく。 抱え上げた体のあまりの軽さに、その主と死との亲密さに、Cは目眩を覚えた。「ずいぶん軽くなっただろう。こうして体は朽ち、脱け壳となっていくのだな」 すでに歩けなくなっていた。衰えた体を持て余していた。心はとうに死に逝こうとしていた。 だが、今は。まだ伝えなければならないことがある。 Cを呼ぶための使いを【地名】へ送ってからは、そのためだけに生きていた気がする。「C、おまえに会いたかった」 病で逝ったあの男は、自分の死への道行きをどう过ごしたのか。 自分を待つものたちを思えば、死はそう恐ろしいものではなかった。 没了,我好厉害!

猜你喜欢